保険で「あんしん」を。VisionsWEBサイト
保険で「あんしん」を。VisionsWEBサイト ヴィジョンズWEBトップへ
トップ  3分間保険メモ  賃貸物件の火災保険















生命保険の見直しから損害保険の正しい加入法まで



賃貸住宅の火災保険はここをチェック!

 

 賃貸住宅に関する保険について書いてみたいと思います。


賃貸住宅でも保険に入るの?

 

賃貸住宅は、所有者がべつにいるわけで、多くの場合、  所有者である大家さんがその建物について火災保険をかけています。

「ということは、その賃貸の住宅に住む私は、保険に入らなくてもいいのでは?」

と思うかもしれませんが、そうはいかないのです。


 もし借りている家または部屋のあなたが、うっかり火事を起こして、その建物を燃やしてしまったら、所有者である大家さんに対して弁償しなくてはいけません。
 もし仮に、大家さんが火災保険を契約していて、そこから保険金が支払われたとしても、その保険会社は、火事を起こしてしまったあなたに対して、その分のお金を払ってくれるように求めてきます。これを求償といいます。

借家人賠償責任補償特約

 こうならないようにするために必要なのが、「借家人賠償責任補償特約」です。
 これは特約という名前がついているように、火災保険にセットして契約するものです。賃貸住宅の場合は、建物は自分の所有ではないため火災保険はかけられませんが、そこに収容されている家財道具一式(つまりテレビ・机・タンス等々)に火災保険をかけます。この保険に先ほどの「借家人賠償責任補償特約」をつければ、準備完了です。
 ちなみに地震によって建物が倒れた場合など、賃貸住宅に住んでいる人の責任ではない場合は、弁償する必要はもちろんありません。

個人賠償責任補償特約

 このほかにも、他人にケガさせたり、他人の物を壊したときの保険も特約としてつけることができます。
これは、お風呂を溢れさせて、下の階まで水モレさせてしまい階下の住人の家財を汚してしまったときやベランダから植木鉢を落として、下を歩いている人にケガをさせてしまった時など、居住にまつわる事故だけでなく、自転車で歩道を歩く歩行者はねてしまったときなど、日常生活で起こる様々な事故にも対応できます。








© 2003-2011 Kozo Tsujihashi



▲ このページの先頭へ



トップ  | 3分間保険メモ  | サイトマップ  |  業務について  | 問い合わせ


緑