トップ  3分間保険メモ  保険による台風対策


















保険による台風対策

 


このごろ台風がよく日本にやってくると思いませんか?
ここでは保険による台風対策ということでお話をしたいと思います

火災保険

 まず火災保険。

 火災保険は火事のときだけ保険金が支払われる、と思ってませんか?
火災保険では、火事のときはもちろん、台風のときにも力を発揮します。


 たとえば「風」
 風で屋根のかわらが飛ばされた、あるいは風で飛んできたものが窓ガラスに当たって割れた、 なんていうときも火災保険の対象です。
 一般的には修理代が20万円以上になったときに支払われるという方式が多いですが、 最近では20万円にならなくても支払われる保険商品も登場してきています。

ここまでなら、大抵の火災保険で対応してくれますが、 「水害」も怖いという事であれば、「総合タイプ」 に加入しておく必要があります。


 この水災については、火災保険では損害の規模によって支払われる内容が違ってきますから、代理店に聞くか、保険証券に入っている「約款」を見てみましょう。また、最近ではいろいろなタイプの火災保険が発売されてきているので、一度見直してみるのもオススメです。


自動車保険

 あと最後に忘れてならないのが自動車保険です。

 よく台風や集中豪雨などのニュースで、クルマが水の中で立ち往生しているシーンが出てきますが、台風による損害は、自動車保険の中の「車両保険」という保険に加入していれば対象になります。一度保険証券を見ておくことをオススメします。



お問い合わせはこちらまで

台風情報
 (実際に台風がきているときはアクセスしにくい事があります。)

© 2004-2007 Kozo Tsujihashi



▲ このページの先頭へ



トップ  | 3分間保険メモ  | サイトマップ  |  業務について  | 問い合わせ